Make your own free website on Tripod.com


そ・れ・で どうする?

「普通で、どうでも良いような日常が大切」と本に書いてありました。
 え”っ!!
「失敗を繰り返しながら、ゆっくりと歩いていく。」 この感覚が必要らしい。
よく解からないけど・・。

がんばらない!
Take it EASY!
あきらめない!
夢を捨てない!
たじろがない!
楽しいこと一番
 

紅梅の カーテン越しに 香りけり

僕には 麻痺(右半身)が入っています。
右手のコントロールができません。力の調整が・・。
ようやく文字がほかの人が読める様に書けました。
小さい文字はかけません。
歩行はようやく少し、スムーズに歩けるかなぁ。
走れません;ジャンプはす・こ・しだけできます。
バランスが取りにくいです。
連続足踏みができないのです。ふらつくからです。(短時間なら それも十秒くらい。これを 何とかできる?・・・というのでしょうか) 片足立ちも20秒、15秒でないとできません。歩いてるぶんには、格好だけは様になってきまCた。
こんな状態です。
経験がすべて
山田さんが・・・言ってました「経験がすべて」。
脳の活力は現在(いま)に集中すること(に始まる)。
目標は:自分を大事にすること。
楽しいことが一番!

出発点
「壊れた脳 生存する知」から・・
てつろさんのメールから・・
リハビリは伊予病院から。
BBSはケタパパさん、みっちゃんカラ。

合言葉
一緒に年齢をとりましょうね。
一緒に年齢をとりましたね。
「卑屈になるなって…」
あるなら、使いましょ!

いいの4 
いいほうに解釈すれば。

生まれた年:195X年

名前は: nagy(凪) leap

う・さ・ぎデス。

優しく楽しくお付き合いを。

「自分が、かけがえのない存在であり、価値があり、尊重され、愛されているということを知ること。」 私はこれが生きる力の源泉であると。それを引き出し意味在らしめるのは、周りの者の力だと。

 
希望
気持ちが真っ直ぐで心が安らかに。
  愛情をもって関わり、尽くし、理解し、支えること。
  私は支えてもらった、支えられた。

コミュニケイションについて。
言葉はいらないと思ったことがある。
 
言葉を交わさなくてもなぜ気持ちが伝わるのか。それは二人のあいだに共感、信頼、受容という感情が行き交うからだそうだ。まだ 言葉を喋らない赤ちゃんと母親が「会話」できる秘密はそこにあるらしい。

察する眼と推し量る感性
振舞いから心を推し量るということを 忘れてはいないか?
 これらをうまく捉えることが関わりの出発点では・・。

 人には、受け止めてほしいという気持ちがあり、・・・
言葉を換えると、
周りから無関心でいられること、見捨てられることが
誰にとっても最も恐ろしいことで、 心に応える。
必要なのは、心の温もりを伝えること。
つまり愛情をもって関わり、尽くし、理解し、支えること。
も一度書きます、僕は支えてもらった、支えられた。
伊予柑の一房ごとの 願いかな。

楽しいことが一番

尋ねよう
健康というのは原語は 「 健体・康心 」 の略語で、
体が真っ直ぐで心が安らかということ。
 だから、健康の反対語は、「 ゆがんだ体と乱れた心 」 
つまり 「 歪体、乱心 」 だそうだ。解からないことばかり・・、なら・・
尋ねよう。
少しずつ・・知識という武器を手に入れよう。