Make your own free website on Tripod.com
 

一人では 解からない経験や知識。
そして、僕は魔のスパイラルに陥る。
OTさん
お人よしで小心者ながら、好奇心が強く;(視野が狭いくせに)頑固で意地っ張り。しかも、せっかちで慌て者という人間。
そんな僕が、片麻痺・構音障害・複視という障害を持ってしまった。(魔のスパイラルに陥る。)”マルチだなぁ。”と家族の声。

「あいつは障害者なんだぜ。」「いけない。このままでは 障害を残してしまう。障害者のままだ。」みたいに、障害をネガティヴな意味に使う。使う人が居る。これは間違いかもしれない。そんな気がする。

 たまたま、自身の身体が便利だったものから、”やっかいな”頑固で、融通が利かないものになってしまった。当然おこる摩擦・トラブル。PT・OT・STさんの支持通りやったつもりでも失敗する。思うように動かない、動いてくれない。
 私の場合、手も足も動く。しかし、力の入れ具合が解からない。コントロールできない。「壊れた脳・・・・」の山田さんの言葉を借りれば、「だって。解からないんだもん。」である。

僕のちょっとした経験:
リハビリ。「もうダメだ。(進歩が無い。)」と
何度もあきらめかける。でも、悔しいから続ける。

 そして、ようやく、これまで当たり前だった状態に、
ほんの少しだけ近づいた事に気がつく。
これまで当たり前だったことが、なんと有り難く、便利に、
そして美しく見えることか。

 障害は、「自身のトラブル」と言う特殊現象をとおして、
人間「トラブル道」という知識になる
 一人では 解からない経験や知識。
病院のスタッフに,PT・OTさんには感謝している。
てつろさん、ケタパパさん。 いろんな人に支えてもらった。

言葉は「ありがとう。」それだけだ。

PTさんの似顔
しゃぁさんの言葉:ポジティブにもなりましょう〜〜〜
私も100%ネガティブな人は見てますが、100%ポジティブな人にはお会いしたことがありません〜〜〜(笑)
みうさん:「やれるだけの事は、やった。おやすみ。」
  
トップページへ