Make your own free website on Tripod.com

 

 ここは  ど・こ?

     わ・た・し は だれ?

        「今日は何月?」「何日?」「何曜日?」
救急病院の記憶はまるで無い。
「今日は何月?」「何日?」「何曜日?」
県病院でも、これを繰り返したそうです。
ナースコールの位置がわからなかったそうな。

しっちゃかめっちゃかだったそうである。
県病院の記憶は歩行器で歩いていた記憶がある。
看護師さんの名前が思い出せない。

ピアノを弾く音が・・・、誰かがショパンを弾いている。
そもそも事故は、いつ、どこで、どんなふうだったか? とぼくはよく自問してみる。 
だが・・・・・思い出せない! 

そして、伊予病院。
リハビリである。

昨日よりも今日、今日よりも明日。
できることは確実に増えていると私は信じている。 
 いままでできていたなら、
出来ていたことならそこまでつながる、道筋がある。
 挫折や無能を感じさせたこの経験が、多分大いに役立つのだと僕は信じたい。時には禍が福に転じることもある。つまずきが前進と同じくらい、いい結果をもたらすこともある。
しゃあさんの言葉「リハビリは自分のために、自分で考えて、自分でやるという強い意志を持ちましょうね〜〜〜」
QueenのJEWELSを聞きながら・・

事故について:
2004年 3月末。退社時に、交通事故を起こしてしまいまた。
結果:小脳出血(脳外傷)を負いました。 
記憶・意識障害が有りました。事故のことは全然記憶がありません。

現れた主な障害と症状
歩行のバランスが悪い、物が二重に見える、手の指がうまく動かない等がありました。
@ 眼振 (回転性および川のように一方向に流れる)今は無い。
A 平衡感覚障害(ふらつき)
眼を閉じた状態で立ってみると、現在もふらつく。立ったままで靴が履けません。
B 複視<Double Vision>(上下に、斜めに交差)
 現在は、複視が緩和(本が読めるようになった。脳が調整している?)、が
急激に視界を変える(走ったりすると、像がWのまま。)とふらつきが発生する。
C構音障害  
D 顔面の麻痺
E 片麻痺;歩行困難・右手の麻痺。麻痺側の腫れ(手足)。


トップページへ